トップページ | 人口減少時代のまちづくりについて

人口減少時代のまちづくりについて

日本は昨年をピークに人口が減り始めています。
しかしながら都市計画観やこれに付随する諸制度は、高度経済成長時代のまま推移しています。このままでは将来の日本はどうなるのでしょうか?

高齢化が進み、社会保障は破綻し、労働力の減少によって国際競争力を失い、また食料は不足し、地方や都市は荒廃していきます。

人口減少時代において、これから生まれてくる子孫のためにすみよいまち、国土を残したいという岩瀬都市開発研究所の願いを表したイメージ写真です。

このような状況に断じてしてはなりません。
私たち日本人の高い能力と知恵を結集し、協力と調和をもってすれば、必ず子孫に住みよいよいまちを、国土を残していけるものと信じて、多くのまちづくり研究会に参加し、実践しています。

現在直面している諸問題

2007年から2050年までの日本の人口と65歳以上の人口における割合を説明したグラフ画像です。2007年には1億2776万8千人の人口が2050年には9千515万2千人まで減少し、2007年には65歳以上の人口における割合は20.2%ですが、2050年には39.6%まで上昇することを説明しています。

人口減少

既に、これからの50年で約3~4千万人の急激な人口減少と高齢化の時代に入っています。

地価の都心高騰と郊外・地方低迷

東京とほんの一握りの都市の地価のみが高騰し、全国の都市の地価は、下落傾向が未だに続いています。

まちなか空洞化時代から都市消滅時代へ

これまでの中心市街地の空洞化は、地価高騰とマイカー普及が原因となった都市の外延化・郊外化とも考えられます。また結果として起こった近郊農村の崩壊は現在でも改善されていません。

今後は、その上に人口減少で住民という主人公そのものが居なくなるので、地価も下落します。また、住民が高齢で都市部に残った人々もマイカーを使えない時代に入るため、都市の空洞化が一層進み、人口の争奪戦という都市間競争に勝利しない限り、都市消滅の危機にさらされる恐れがあります。

都市の発展計画から縮退計画へ

仮に地価と交通手段の抑制ができても、都市は全体の縮退計画と集約魅力計画(いわゆる集約型都市再生計画)が不可欠となります。

これが出来ないと都市は人々に放棄されてしまいます。

人口減少時代のまちづくりにおいては「都市の縮退と集約」が必要になることを説明したイラストです。

契機

不動産経営から都市経営へ

J-リートをはじめ、不動産が投資資金のまともな対象となっています。正確には不動産賃貸経営が一定の利回りを目論むことができるようなり、戦後初めて不動産事業が、計画できるようになったといえます。

今後この不動産経営計画を、都市経営に発展させることで都市計画本来の時代が始まると考えます。

定借活用プロジェクトの高成功率

定期借地権は当初、分譲価格の低廉化に誤用されましたが、J-リートを支えている基盤も、定期借地権であるのでわかるように、今や再開発などで魅力的な建物の高利回り供給ケースの成功を支えるなど、本質的な活用がなされています。

地方分権過程で消えた都市整備部門

地方分権法により、国→都道府県→市町村への事務移譲が進みました。しかし、受け取る側が受け取らなかったために、消滅した事務もあるといわれます。特に、都市計画/都市整備の部門が消滅している自治体が多いとされ、かつ、都市農地部門は相変わらず弱体です。
例えば、市民サイドが魅力あるまちづくりを発意しても、持ち込む窓口/組織がないため、発意案件が拒否されるケースもあります。

『人口減少時代(これから)のまちづくり研究所趣意書』より

人口減少時代のまちづくり観と実行態勢

これまでのまちづくり観とは高度成長に後押しされた行政主導のまちづくりでした。しかし、現在突入している人口減少時代においては、既存のまちづくり観では対応できません。

行政側である地方公共団体にはまちづくりを行えるだけの予算や、能力を持った人材が不足しているため、現在、私たちが直面している問題に対応した、全体を縮退し魅力を集約させた都市づくりを行うことが困難だからです。

人口減少時代の「集約・縮退」された都市を作るためには「民間主体による都市経営」とそれを現実化させるための「諸制度の整備」が必要であることを説明したイラストです。

以上のことから、人口減少時代に都市を消滅させずに住みよい環境を作るためには、民間が都市を経営するというまちづくり観と、それをスムーズに行なうための諸制度の整備が必要だと考えます。

このページの先頭へ戻る

MENU

  • 人口減少時代のまちづくりについて
    1. 事業一覧
    2. 土地区画整理事業
    3. 開発許可・開発行為許可事業
  • 代表者 岩瀬正夫のプロフィール
  • 農地売買と農地転用許可(農転)について
  • 各種営業許可・届出について
  • 区画整理・開発許可よくある質問集
    1. プライバシーポリシー
    2. サイトマップ
    1. 株式会社 岩瀬都市開発研究所
      本社
      〒278-0055
      千葉県野田市岩名1丁目27-12
      電話番号: 04-7120-8211
      FAX番号: 04-7120-8212

 

 

岩瀬行政書士事務所のホームページはこちら